声優に関する情報が満載!

憧れの声優!

オーディションを受けて声優になるための適齢期とは

多くの声優希望者のためにオーディションが開催されています。
オーディションには、未経験の人も応募しますが、すでに声優になっている人も、その役をつかむために応募することがあります。
オーディションには、まず書類選考があります。
履歴書に、氏名・住所・年齢・志望動機・自己PRなどを記入します。
顔写真も貼ります。
声だけの選考と言っても、本人確認をする意味でも写真は必要です。
書類選考に通ってから面接となりますから、志望動機欄や自己PR欄はしっかり記入するようにしてください。
未経験の人も、過去に声楽や演劇などの経験があれば、それらを記入しておきましょう。
声優になるための適齢期があるかどうかですが、声優は何歳になってもできる職業なので適齢期はありません。
しかし、オーディションに応募する際に、「何歳から何歳まで」と対応年齢が書かれている場合があります。
「年齢不問」としているところもあるので、応募先にもよるでしょう。

オーディション秘話も!?声優のトークイベント

今やアニメーションは、日本を代表する文化であり、もはや子供だけが見るものではなくなりました。
かつてのように声優は声だけの仕事ではなくなり、歌やトークが長けていなければ一人前にはなれません。
もはや、アニメの声を担当するだけの存在から、アイドル歌手並みの役割を持つまでに至った声優も数多く輩出される時代となりました。
ラジオの世界では、メインパーソナリティをつとめたりして、アニメから離れたところでも活躍している方が増えてきました。
そんな、世相ですので、アイドル並みの人気を誇る声優のコンサートやトークイベントは、毎回、大盛況の満員御礼で、アニメの外でもファンを楽しませてくれます。
生で真剣にトークを振るう中で、うっかり業界の誰も触れてはならない秘話も聞けるかもしれません。
アニメの文化はもはやアニメだけでは帰結しなくなってきているのです。
聞き心地の良い声を聴いていたい。
だから、声優の仕事の幅が広がったのでしょう。

pickup


交際クラブ

Last update:2019/7/18

COPYRIGHT(C) 憧れの声優! ALL RIGHT RESERVED